慈濟傳播人文志業基金會
痛風の患者は 大豆製品を食べられますか?
大豆製品はベジタリアンにとって、重要な蛋白源ですが、痛風患者は大豆製品を控えるべきでしょうか?
 
Q尿酸値が高い痛風患者はベジタリアンになってもいいのでしょうか? 
 
現代人の文明の病気とされる痛風は、遺伝子やほかの病気との合併症で起こったものです。プリン体を多く含む食物をたくさん食べたからという理由だけではなく、体の「新陳代謝」がよくないために尿酸値が増加し、痛風の症状になったのです。痛風になるのは通常次の三つの原因によります。 
①体によくない食物
②間違った調理法 
③食べ過ぎ
痛風患者はトランス脂肪酸が多く含まれている動物性油や動物の内臓、バター、コーヒークリームなどや、多量の肉や海鮮類(とくに甲殻類)、糖分の高いフルーツやクリームコーンなどの食品、多量のお酒を控えなければなりません。
そのほかに、できれば揚げ物や焼き物など高温の調理法を避けること。また、飲酒時に熱いスープや揚げたピーナツなどの食物を一緒に取りすぎると、尿酸値が上がって痛風になります。
痛風になる食べ物としては鶏肉や海老や蟹などの海鮮類が上げられ、ベジタリアンが取らない物がほとんどです。その上、ベジタリアンはたくさんの野菜を取るので、植物中に含まれるフィトケミカルと抗酸化の栄養素が痛風を予防し、改善させます。
アメリカ、日本、シンガポールが共同で行った大規模な研究結果によると、植物性のプリン体は痛風を悪化させないことが分かりました。尿酸値の高い人や痛風患者は正しい調理法で料理し、適切に大豆製品を楽しみましょう。
痛風患者はベジタリアンになれるかどうか? その答えはYESです。痛風患者はもっとバランスがとれた健康的なベジタリアンに学ぶべきです。
ベジタリアンは揚げ物を好みます。揚げた大豆製品や大豆加工品を食べると痛風になりやすくなります。油脂は、揚げると酸化して過酸化物質を発生し、炎症を起こす物質が体内に蓄積します。また、体によくない調理法と食べ物の選り好みも痛風になります。だから、痛風になるのは野菜だけを食べるためではないのです。プリン体の高い椎茸を例に上げると、椎茸を毎日大きなお椀に一杯分も食べれば問題になりますが、バランスよく摂取すれば尿酸値の濃度は上がりません。
もう一つ、水は尿酸値の代謝をよく助けます。多く水を飲めば尿酸が尿液と共に体外に排出されます。もし水をあまり飲まないと、尿酸が体に絶えず残り、しまいには関節に蓄積して関節が痛くなります。
だから、飲食のバランスが鍵なのです。バランスよく食べ、たくさんの水を飲み、現代文明病にならないようにしましょう。
 
Qどのような大豆製品を選んだらよいですか?
 
大豆製品は遺伝子組み換えではない大豆を選びます。もし見た目で判別できなければ、包装の表示から判断することができます。現在、台湾の食品表示に関する規定では、遺伝子組み換えかどうかを記載しなければなりません。購入する前に注意してよく見てください。
大豆製品は高蛋白質で、製造過程で抗菌剤や防腐剤などを入れます。適度に保温しないと腐りやすいからです。製造から販売までの製品管理に加え、冷蔵や冷凍など低温で保存することが重要です。正しく保存すれば、安心して食べられます。
なるべく天然の豆類を選び、大豆や黒豆や枝豆などをジュースにしたり料理に加えたりします。大豆を蒸してミキサーにかければ豆乳になりますし、大豆ご飯にもできます。黒豆は煮込んだりジュースにします。ナッツ類のパウダーを加えればナッツミルクの完成です。枝豆は卵と入り炒めにしたり、ピーナッツと一緒に煮込んだり、また、枝豆と賽の目に切った高野豆腐の煮込みなども歯ごたえがよく、満腹になりやすいです。
NO.240