慈濟傳播人文志業基金會
六度を行うことで 安楽を得る

仏の教えを全て聞き入れ、

それを忘れず常時応用すれば、

頑な思いが記憶のように刻まれる。

布施を行い、その心を保ち続ければ、

戒を守ることができ、心身共に清らかになる。

忍辱和顔、柔和善順で、

さらに精進し、努力を怠ってはいけない。

静かに思い修行すれば、悪を遠ざけることができる。

本性が輝き、智慧で以て行動すると共に

誓願でき、無限の安楽が得られる。

NO.259