慈濟傳播人文志業基金會
六度の修行に精進することで善法を普遍に行き渡らせる
 
 
浄らかな心で菩薩の六行を修行する時、
疲れを知らなければ、大いに精進しているのである。
様々な衆生の本性に沿って教えることで、
異なった法理の意義を理解させることができる。
NO.275