慈濟傳播人文志業基金會
自宅待機を終えて
慈済のオンライン勉強会で空間の隔たりが取り除かれため、自宅待機して自主健康管理を行なった二十二日間、私は毎日、時間を無駄に過ごすことなく、健康管理すると共に智慧という心の糧を満喫することができた。
 
昨年七月早々から私は今年三月三十日に台湾へ帰国する航空券を予約していた。しかし思いもよらず、新型コロナウイルスの感染が急拡大したことからアメリカ・カルフォルニア州政府は三月十三日に緊急事態を発令し、必要不可欠な場合を除いて自宅から外出することを禁止した。当日、アメリカの感染確定者数は二千八百五十人、カルフォルニア州だけで三百六十四人だった。
 
私は新型コロナの流行が長引くことを心配し、予定通り台湾に戻り、花蓮で慈済五十四周年記念行事に参加しようと思った。丸二日間掛けて直接航空会社に席を予約し、予定より一週間早い三月二十四日の便で台湾に着いた。
 
台湾の規定により三月十九日以降の入国者は十四日間、自宅待機しなければならなかった。私は空港で、基隆市八堵にある義理の妹の新居の住所を登録し、直ちに防疫専用車に乗り込んだ。車内で家に到着する前に区の幹事より電話が入り、以降の十四日間は毎日電話で私の動向を追跡することと健康状況を把握することを伝えてきた。
 
台湾に到着したその日、アメリカの感染者数が既に五万五千人に達していたことは予想外だった。カルフォルニア州だけで二千六百人近くに上り、その半月後には十倍以上になった。 
 
これほど速いスピードで感染者が増えるとは全く恐ろしいことである。その為、飛行機を降りた時からの桃園国際空港内の一連の防疫措置、厳格な規制、そして私と接触する人たちの極度に緊張して強張った表情のすべてが、これほどまでとは考えてもいなかったので、初めは慣れなかった。そして突然私に接触する人たちを恐がらせてしまうという実に悪いタイミングで帰国したことを悔んだ。私は不安と共に少し孤立感を感じた。
 
ある晩、突然ドアのベルが鳴り、町長が慰問品を一杯詰めた袋を持って見舞いに来てくれた。開けてみると、中には慈済の安心祝福パックも入っていた。證厳法師からのお見舞いと祝福の手紙を見つけたので、それを読むと一日中続いていた不安な気持ちが和らいだ。
 
●今年の4月16日で慈済は創設54周年を迎えるが、記念行事をオンラインに切り替え、世界50の国と地域の延べ3万9千人がネットを通じて静思精舎の『薬師経』法要に参加し、世界の無事を祈った。精舎主殿に参列した人は、全員マスクをして社交的距離を保ちながら礼拝した。精舎の廊下にはその距離を守るようマークが付けられていたのだ。
 
安心祝福袋の中にはサプリメント、防疫ヘルスケア用品、法師の著作である『静思語』と『過関(難関を乗り越える)』という本が入っていた。これらの贈り物と祝福が私の十四日間の自宅待機に付き添ってくれた。そして、それ以上に感謝したいのは三月二十八日から一般に開放された「慈済精進オンラインサイト」だ。家にいても以前静思精舎で『法華経』の礼拝やボランティア朝会で法師の開示を聞いた時のような感じがした。敬虔な心で祈れば、感染症早期終息の願は諸仏に届く、という法師の教えを私は固く信じており、温かみと安心を感じた。
 
アメリカから台湾に戻ってこの文章を書き終えるまで二十五日かかり、昨日、『法華経』二十八品(ほん)を円満に礼拝し終えた。空間の隔たりを無化した現代の科学技術に感謝しなければならない。私は自宅待機と自主健康管理をしていた二十二日間、時間を無駄にせず、健康なままで智慧という心の糧を満喫できたのである。
 
無常のウイルスだが、今までにないほどの規模で世界中のボランティアがオンラインで同時に勉強会に参加できるという新たな契機を見出した。これには言葉で言い尽くせないほど感謝している。ここで法師の健康を祈り、法輪が回り続け、果てしなく幸福が訪れることを期待したい。
 (慈済月刊六四二期より)
 
NO.283