慈濟傳播人文志業基金會
自分に コーヒーを淹れていますか
自分だけのソイミルクコーヒーを入れてみませんか?
慌ただしい気持ちをコーヒーの香りが癒してくれますよ。
ゆったりと落ち着いた時間を静かに過ごしましょう。
 

 [ソイミルクコーヒー] (1人前)    レシピ考案・栄養成分の計算:徐嘉珮、姚茶瓊

●材      料:
無糖豆乳50グラム、ドリップ式コーヒーバッグ1個、熱湯100グラム
 
●栄養成分(1杯のうち)
カロリー:65.7kcal、蛋白質:2.5g (15 %) 
脂肪:2g (28 %)、糖類:9.4g (57 %)    
ナトリウム:22ミリグラム   
カリウム:111.5ミリグラム (28 %)
 
●營養のアドバイス
カフェインの含量は豆の種類や焙煎方法、淹れ方によって変わります。
EU食品科学専門家委員会の評価によると、1日のカフェインの摂取量は300mg以下、
コーヒーにすると1日3杯以内にするよう薦められています。
 
●作り方
 
カップを1つ用意し、100ccのお湯を入れます。 もう1つ、コーヒーバッグの2倍の高さのカップを用意します。バッグを破って両側を開き、カップにかけます。 お湯をバッグの2分の1の高さまで入れ、濾過します。これを2回繰り返します。 残りのお湯を入れ、濾過が終わるまで待ちます。
最後に50gの豆乳を入れ、混ぜてから頂きます。(ミルクシェーカーがあれば、豆乳を泡立ててからコーヒーを入れます)
●リサイクル  使い終わったドリップバッグは冷蔵庫や靴の中に入れると消臭効果があります。
 
 
あなたは毎日コーヒーの芳醇な香りで朝を迎えていますか?
 
エスプレッソ、カフェラテ、レギュラーコーヒーなど、コーヒーにはたくさんの種類と入れ方がありますが、コーヒーのことをよく知らない私にはずっと疑問がありました。「一体珈琲にはどんな魅力があるのだろうか?」。そこで私は、「等一個人珈琲」という台湾映画で、バリスタ役アブスに珈琲の淹れ方を指導したバリスタの徐嘉珮さんを訪問し、お話を伺いました。では、コーヒーを淹れて生活にゆとりをもたらす簡単な方法を皆さんにご紹介しましょう。
 
初めに徐さんから指導してもらった淹れ方を練習し、違う味のコーヒーを味わいました。そして豆乳とミックスしたとき、ようやく気がついたのです。コーヒーにはこんなにたくさんのスタイルがあり、それぞれ違った風味が現れるのだということに。だからこそ、これほどたくさんの人々に愛されているのだと分かりました。
 
 
いろいろなコーヒーの味わいをまとめましたので皆さんにご紹介します。
●粗挽き:フレッシュでフルーティーな味わいです。将来に夢や憧れを抱くフレッシュマンによく似合います。
●中細挽き:淡いバターの香りがします。ある程度年を重ねた人が日当りの良い喫茶店で珈琲を楽しむ時にいかがでしょうか。
●中細挽き水出し:淡い花の香りがします。温度の変化によって、違う味覚が何層にもなって次々と現れます。謎めいた優雅な微笑みを浮かべる年上の女性に飲んでいただきたいです。
●深煎り:成熟して安定した味わいを持っています。「大丈夫だ。過去の全ては去っていくものだ」と言ってくれているようです。自分のためにコーヒーを淹れるという余裕、それは自分の知恵を信じ、自在で落ち着いた心持ちでいることの現れといえるでしょう。
 
どんな場合でも、コーヒーを飲むと元気になりますし、リラックスできます。ただ濃厚な香りを楽しむためでもいいでしょう。そんなソイミルクコーヒーを自分のために一杯、淹れてみませんか?
 
【アドバイス】
●インスタントコーヒーと比べ、ドリップバッグのコーヒーは新鮮なコーヒー豆で作られているため、保存期間は短いですが、淹れた時に新鮮なコーヒーの香りが溢れ、癒されます。
●コーヒーと豆乳の比率は2対1がお勧めですが、お好みで調整してください。
(慈済月刊六〇八期より)
 
No.262