慈濟傳播人文志業基金會
禍と福
 
善と悪が積み重なると、人間(じんかん)に禍と福が現れます。
一あっても九がないと、満足できないのです。
欲が多ければ「苦」になり、その不満に囚われて、
戦いを続けるので、世は乱れて平和は遠のきます。
反省して懺悔し、直ちに善行し、
足ることを知って感謝の気持ちを持てば、心が豊かになって、
生活も仕事も安定し、災害のない世になるのです。
NO.308